勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ
次へ

《秋の奥出雲女子旅・前半》 食欲の秋、自然の秋を大満喫

《秋の奥出雲女子旅・前半》 食欲の秋、自然の秋を大満喫

広島発30 OverコミュニティCOAKIの皆さんによる、
秋の奥出雲女子旅ツアー☆

女性らしい素敵なお写真をたくさん撮っていただき、
さらなる奥出雲の魅力をたくさん発見していただきました!!
早速ご紹介させていただきます。


広島から約2時間ほど車を走らせ、まず訪れたのは、
雲南市木次町の&CAFÉ 華羅さんへ。
こちらは野菜ソムリエ認定のレストランです。



奥出雲との距離も車で20、30分とあって、
ドライブには丁度良い距離感。
和洋折衷、古今混在で素敵な店内です!



見たことのないような内装のお店で大感激でした!
まるで、おばあちゃんの家に来たような
懐かしさが漂う空間で優しい手作りごはん。
店内のインテリアの所々に「かわいい!」が隠れています。

店内は地元の方々で大にぎわい。
スタッフさんも地元のお客さんもみなさんフレンドリーで、
色々と話しかけてくれます。ほっこりと、居心地の良い空間です。


 

お食事はボリューム満点。かつバランス良く、
小鉢も付いていて嬉しい感じでした。
スープにサラダ、煮物や茶わん蒸し、珈琲までついて1620円!
おなかいっぱい☆



食後のコーヒーはサイフォンでというこだわり。
豆も別売されているそうです。
レジのところで買えるちょっとしたお土産もいい感じでした。

&カフェ華羅
島根県雲南市 木次町東日登240-4
http://www.kara.co.jp/



お次に訪れたのが出雲湯村温泉 湯乃上館さん!

この日は少し雨模様で寒かったので身体の芯からあたたまりたい!
ということで行ってきました。
ゆったりとした田舎の風景に癒されます。



施設の雰囲気、泉質、その他・・・
地元感満載で素朴な感じ。
足湯だけでしたが、これまら癒されるー。
身体がぽかぽか。足がじんわり。



川を感じながらの足湯はとても贅沢で、気持ちよくて
みんな、なかなか出ようとしません(笑)長い時間楽しみました。


施設の方も、気軽にお店の方が声かけてくださり、
足をふいたりするのも脱衣場貸してくださったり。
とっても親切!!

お風呂には時間の都合で入れなかったのですが、
綺麗にしてあり、今度来た時は入ってみたいな。

ただ道が少々細いので運転は気をつけなければ(汗)。

出雲湯村温泉
島根県雲南市木次町湯村1336
http://www.yunouekan.net/



身体も温まったところで、車を少しドライブ。
奥出雲といえば、やっぱりここ!鬼の舌震へ。
言わずと知れた、大渓谷。国指定名勝天然記念物です。



4人中3人が高所恐怖症。でもポーズはしっかりとっちゃいます☆

そして、紅葉を見ようと思ったら・・・・・一足遅かった!!!
紅葉シーズンど真ん中に来ていたら、
さぞ綺麗だっただろうなと思えるところでした(涙)





少し紅葉が残っていたので、パチリ。
やっぱり、写真を好きにはたまらない景色ですね。
でも、来年は、紅葉の時期にはぜひリベンジに来たいです!


自然の中を歩くのは本当にいい気分転換になって気持ちよかったー。
吊り橋は高くて少し怖かったですが(汗)、
アトラクション要素もあって楽しい!
春や秋など気候のいい時期には、
お散歩コースとしてぶらぶら歩くのも気持ちよさそう!

鬼の舌震
島根県仁多郡奥出雲町三成宇根
0854-54-2260
除雪を行ないませんので、積雪期は入場をお控えください。



朝早めにに出発して、気が付けばお昼すぎ。
お次は大本命、奥出雲のとうふ屋 石田食品さんに行って、
お豆腐づくり&湯葉づくり体験をしていただきます!


続きは後半へ。

前へ
一覧へ
次へ

コメント(0)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください