勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ
次へ

伝統と歴史の刃物鍛冶屋-雲州忠善刃物〈第1弾〉 2016年3月春編

伝統と歴史の刃物鍛冶屋-雲州忠善刃物〈第1弾〉 2016年3月春編

こんにちは、「刀剣女子」のイッシ―です。

奥出雲町には昔ながらの仕事がたくさん残っているな、と思うことがあります。

日本刀鍛冶の方もおられるし、日常で使う刃物を作る鍛冶屋さんもおられるんですヨ。

 

現在、奥出雲町内には2軒の刃物鍛冶屋さんがあります。

 

1つは三成の町の中、もう1つは鳥上小学校に近い大呂に。

 

今日は三成にある「雲州忠善刃物」をたずねました。

雲州忠善刃物は120年の歴史があり、親子兄弟で技を引き継いでこられました。

 

現在は、叔父と甥の間柄の川島久忠さんと俊春さんのお二人で製作をしておられます。

作業場は2つの炉にベルトハンマーや送風機とたくさんの機械や道具が並びます。

金槌で打つ音が響きわたる中、お二人は黙々と作業を続けます。

 

雲州忠善刃物

「忠善(ただよし)」とは、刀匠名でした。

第2次世界大戦の頃、多くの軍刀が作られました。奥出雲町内にも、軍指定工場として軍刀を作った鍛冶屋がありました。

川島家もその一つでした。

川島久忠さんのお父様が初代川島忠善として日本刀の製作を始め、久忠さんのお兄様で、俊春さんのお父様が二代目忠善でした。

 

現在作られる刃物には「忠善」の刻印が打たれています。

昭和20年、終戦直後に刃物製作を復活してから始めたこととか。

「お客さんから、「包丁を研ぎに出した時に『忠善ですね、これは良いものですよ』と言われた」と、聞いたことがあります。その方もうれしかったそうですよ」と、お客様と同じぐらい嬉しそうな久忠さん。

 

 

雲州忠善刃物は包丁やカマ、ナタを作る刃物鍛冶屋で、かつて同業種は町内に30数軒ありました。

それぞれに専門があり、刃物を作る人、農具を作る人と分業化されていました。

しかし、廃業や転業をして鍛冶屋が一つ減り二つ減りとするうちに、残った鍛冶屋に仕事が集まったそうです。

「うちは刃物を作る鍛冶屋です。包丁、ナタ、カマとか。

長く使ってもらえるように、包丁の柄の中に入る部分は錆びないステンレスにしています。

修理や柄の取り換えもしますよ。

刃物以外に、農具の修理も持って来られるんですよ。

持って来られたら直さないわけにはいかないし…

そのうちに、農具も作るようになりました」

 

今も包丁が一番の人気商品。

形、刃の長さ、素材などで10種類程度。

     

それにさまざまな刃物のオーダーが来るそうです。

そば切り用やウナギ用、神社などの屋根に使われる「ひわだ」を製材するための刃物、狩猟用など…

仕事の数だけ刃物がある。

   

「今はインターネットで調べて電話をしてこられます。

宮城県の神社の屋根を葺く職人さんから注文をもらったことがありました。

全国でも、いろいろな注文を受けられる鍛冶屋は少ないですよ。

うちではいろんなものを作ります」

 

雲州忠善という銘を多くの方が信頼しているのは、刃物として優れている証拠ではないでしょうか。

注文があれば、「だいたい応じております」とのこと。

それは簡単なことではないと思います。

長年、誠実にお仕事をしてこられた経験と技術の積み重ねがある、だからこそ注文に「応じる」」ことが出来るのでしょうね。

 

 

 

包丁を作る様子

○材料

  ハガネ 2種類

  ステンレス

 

●工程

刃になる部分の2種類のハガネを接合。

接合する時、両刃の場合は挟み込む、片刃は貼り付ける。

なかご(持ち手の柄の中に入る部分)はステンレス。

 

 ① 刃先になる部分のハガネの板を、刃の材料で挟む。

   切っ先(とがった部分)側は延ばすので、延びる分だけ多めにとる。

 ② あわせて鍛接(過熱と鍛錬で接合)する。

 ③ 包丁の分量に切り、なかご用のステンレス材を溶接する。

   

 ④ 炉で熱して鍛錬と成形をする。

 ⑤ 磨き、焼入れ、研ぎをして、包丁の刃の完成。

 商品にするため、柄を取り付ける。

 

 

 

○雲州忠善刃物

(作業場)島根県仁多郡奥出雲町三成712-7

(電話連絡先)0854-54-0920

 ※見学可能ですが、火器を取り扱いますので各自注意をお願いします。

 

○雲州忠善刃物取扱店

仁多特産市/奥出雲町サイクリングターミナル/亀嵩温泉玉峰山荘/

絲原記念館売店/道の駅おろちループ/そろばんと工芸の館/

島根県観光物産館/JAグリーンセンター(一部)

前へ
一覧へ
次へ

コメント(0)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください