勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ
次へ

第3回短歌で詠む「恋いうた」~選考会~

第3回短歌で詠む「恋いうた」~選考会~

こんにちは。

「奥出雲ごこち」のい~ちゃんです。

今年で3回目となった短歌で詠む「恋いうた」。

短歌で詠む「恋いうた」とは・・・

三成本町通り商店会さんが、平成23年より、与謝野夫妻の山陰吟行を記念し町内で短歌を募集したのがきっかけです。町内のお祭りで優秀作品を行燈に記し、街中に飾る催しを実施されました。平成24年からは、奥出雲観光文化協会三成本町通り商店会がコラボレーションし、日本全国から募集を開始したんですよ。

今回は、前回より募集期間が短く&12首に限定させて頂きましたが、なんと!!

1131(^o^)丿

日本全国からたくさんの方々に応募して頂きました。

ご応募頂いた皆様、誠にありがとうございました!!

 

その選考会が7月5日(土)に、奥出雲町内で開催されました。

という事で・・・

午後2時。

選者の方々、商店会の方々がゾクゾク集まって来られました。

年に1度集まるこのメンバー。

まずは「お久しぶりです~」で選考会はスタート\(^o^)

選者のご紹介。今回もお世話になるのは、

広島県在住で奥出雲町亀嵩出身の歌人・藤原勇次先生

同じく、福山市で藤原先生と同じ短歌会メンバーの吉川敬子先生

島根県短歌連盟理事、雲南短歌会会長の田圭基先生3名です。

選考方法は、応募数1131首のうち、第1選考を突破した87首の中から優秀作品を選びます。

優秀作品は、えびす祭り【7月20日(日)】お盆【8月13日(水)~15日(金)】愛宕祭り【8月25日(月)】20時~22時頃に展示します。

そして、賞品は下記のとおり。

●グランプリ<奥出雲町特産品30,000円分>1首
●三成本町通り商店会賞(優秀賞)<奥出雲町特産品10,000円分>1首
●奥出雲ごこち賞(優秀賞)<奥出雲町特産品10,000円分>1首
●入賞30首<鬼の舌震内の飲食店「舌震亭」割子そば無料券>

 

い~ちゃん+商店会さんは、選考の邪魔にならないよう、別室で待機。

私たちも、先生のまねごとで選考に挑戦。

「ん~、どれもいい作品で選べんわ~」

「いや~、短歌なんか作れんわ~」

各々、過去の恋愛、今の夫婦関係、家族、将来の自分を思い出したり、思い描いたりしながら短歌を一つずつ詠んでいきました。

これかしら、あれかしらと騒いでいるうちに約3時間が経過。

「終わりましたよ~」という吉川先生の声がしました。

ついにやってきました!!

私たちもドキドキもピークに達しています。

結果は次のレポートで!!

 

 


・・・・・読み込み中です
前へ
一覧へ
次へ

コメント(0)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください