勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ
次へ

『仁多民謡教室』神話博しまね・おもてなしステージに出演しました!!

『仁多民謡教室』神話博しまね・おもてなしステージに出演しました!!

 

ついに7月21日(土)に「神話博しまね」のオープンセレモニーが盛大に行われました。

「神話博しまね」のテーマソングを歌う谷村新司さんも来られ、会場は大盛り上がりだったようです。

神話映像館のド迫力の映像と出雲市にいながら島根県各地のグルメを堪能して下さい。

神門通りも道路が石畳になり、新しいお店もオープンしているんですよ!

今、この時しか開催していない「神話博しまね」に是非ともお越し下さい。

 

7月23日(月)は仁多民謡教室の皆さんが「神話博しまね」のおもてなしステージに登場しました。

仁多民謡教室は小学生を含む幅広い年代の方が所属し、約30名の会員の方々は安来節保存会に入会されています。

安来節は弦(三味線)、唄、鼓、銭太鼓、踊の5部門あり、年に一度の安来節全国優勝大会での入賞を目指して、

日々技を磨いておられます。

始めの安来節では、歌い手さんの素晴らしい歌声に魅了されました。

声の張りが本当に素晴らしい。

よく息がもつなぁ(^^♪と思いながら聞き惚れていました。

そうこうしていると、次の曲隠岐民謡「きんにゃもにゃ」。

ここで仁多民謡教室に通う小学生3人が登場。

しゃもじを持って踊ってくれました。

一見簡単そうに見えますが、あんなに身のこなし柔らかくは踊れません。

 

三味線の方は、歌い手さんに合わせて音程を変えるそうです。

チューナーなど使わず耳で合わせていらっしゃいましたよ。

また、鼓をたたいている方は、たたきにくそうな構え方にも関わらず見事な太鼓でした。

 

「しげさ節」では、3人の女性の息の合った踊りを見せて頂きました。

そして、メインは小学生のどじょうすくい!

初めにステージに出てきたのは小学5年生の藤原 恵太君。

彼は安来節全国優勝大会で優勝経験があります。

可愛いまんまるのお顔で踊ってくれるどじょうすくいは愛嬌たっぷり

次は、井上兄弟。

こちらは小学5年生と小学1年生の兄弟です。

お兄ちゃんの井上息吹君も藤原君同様、安来節全国優勝大会で優勝経験があります。

仁多民謡教室の小学生は実力者揃いです。

お兄ちゃんの見事な腰ふりや表情を見習って隣で頑張って踊る弟の響喜君の姿は観客も思わず笑顔がこぼれるくらい

お茶目でした。

彼は、待機中もステージが気になって気になって仕方なかったようで

バックからちらちら見てました。

最後は、先生も登場して4人でどじょうすくい!

先生が転んでしまい、小学生3人が起こすヽ(^o^)丿というこの日特別な踊りを入れてくれました。

仁多民謡教室の皆様、暑い中素晴らしい民謡を披露して頂きありがとうございました。

観客のみなさんも本当に楽しんでおられ、奥出雲町民として私も誇りに感じました。

本当にありがとうございました。

 

<今後のスケジュール>

日にち          団体名           演目         時間

8月15日(水)  仁多乃炎太鼓(和太鼓)    風走る青垣 他   10:00~/13:00~

9月7日(金)   奥出雲神代神楽社中      簸の川大蛇退治  10:00~/13:00~

9月14日(金)  島根県立横田高校吹奏楽部   吹奏楽       10:00~

10月20日(土) 仁多乃炎太鼓(和太鼓)    風走る青垣 他   11:00~/14:00~

 

 

 

・・・・・読み込み中です
前へ
一覧へ
次へ

コメント(0)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください