勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ
次へ

奥出雲の夏祭り~恵比寿祭り~

奥出雲の夏祭り~恵比寿祭り~

こんにちは
奥出雲ごこち事務局のちーやんです。

夏真っ盛り!寝苦しい夜をお過ごしかと・・・
そんな真夏の夜には、ちょっと夕涼みに外へ出かけたいものですよね!

奥出雲では、夏の始まりに町の中心の地区で、恒例の恵比寿祭りが行われます。

毎年、7月17日には大市の恵比寿祭り!7月20日には三成本町の恵比寿祭りが行われます。

今回は、その奥出雲の町で行われた恵比寿祭りのレポートです!


【7月17日大市の恵比寿祭り】

大市の夏の祭りとして毎年楽しみなのが、大市の恵比寿祭りです。
このお祭りは、商売繁盛の神様「恵比寿さん」をお祭りするのですが、
地元の皆さんは試行錯誤しながら、10箇所の一式飾りを飾られるんです。
道路沿いのお宅や車庫などを使い、その年の話題のものや出来事などを陶器や家庭用具、
空き缶などを駆使して造られるのですよ。
それぞれ工夫をされた一式飾りは、15日から17日の夜にかけて、大市の町を賑やかに飾ります。

最初に目にしたのは、奥出雲横田の新たちよりスポット“よりみちマルシェ”に飾られた、
奥出雲!自慢の和鉄製鉄技術“たたら吹き”を模した一式飾りです。
たたら炉をお皿で組み上げ、水がめを吹子に、は赤いお椀などで表現しています。
そして、たたら操業の総監督、村下(むらげ)はドンブリや皿、箸おきなどで作られています。

つづいて、県道沿いには奥出雲を代表するスポーツ“フィールドホッケー”です。
地元中学校の勝利を願って作られています。
スピード感のある選手とがっちりとゴールを守るキーパーが、今にも動き出しそうですね!

 そして、今年話題の“地デジカ”です。
先日24日にいよいよ地上デジタル放送が始まりましたね。
大きく時代が変わるこの出来事を、ず~っと全国の方にお知らせしてきたキャラクターですね!
陶器を使ってそっくりに作ってあります。
その脇には、昔懐かしのテレビが表現してあります。
時代を感じる作品でした。

次は、今年のえと“うさぎ”の作品です。
うさぎは3箇所で作られ、一つは竹篭を使った可愛らしい“うさぎ”に、
バケツやスプーンで作られた“因幡の白兎”後にワニも作られています。
これは、メカうさぎといってもいいような感じですね。
そして、台所の働き者“タワシうさぎ”
毎年、干支の一式飾りは幾つか飾られます。

また、完成を目前にした尾原ダムを模した“そろばんダム”
ダムの本体の様子をそろばんの玉で上手く表現されています。
そして、その上には自然エネルギーの風力発電!
テーマにもあるように「時事シリーズ 自然と調和 ダムと風車」は少し考えさせられました・・・

最後は圧巻の、“宝船”
景気の低迷や東日本大震災など、暗い話題が多い中で、晴々しく飾られています!
しかし、凄い量のビールの空き缶・・・
たぶん、一杯やりながら一式飾りを作られたのかな?
景気回復!商売繁盛!ですね!!

大市本町通を過ぎて、隣りの六日市にちょっと足を伸ばします。
そこでは、趣味で作られた木彫りの作品や、可愛いうさぎの手芸品と手の込んだパッチワークなどの作品が飾られていました。

毎年、この恵比寿祭りは人の目を楽しませてくれますね!
また横田小学校では、特設ステージが設けられ、楽しいコンサートや仁多乃炎太鼓の皆さんの演奏など、大市の恵比寿祭りに花を添えていました。

 


【7月20日三成本町の恵比寿祭り】

7月20日には、三成本町通りの恵比寿祭りです。
丁度この日は、台風の影響であいにくの雨・・・
しかし、この日は恵比寿祭り、雨にも負けず若干予定変更するも決行です!
特設ステージでは、町内の音楽愛好家で結成された“やまたのおろち”の皆さんによるミニコンサートから始まりました。
黄色のTシャツを着て、今話題の曲を演奏されます。
お祭りに参加した中学生さんも大喜びでした。

そして、今年は商店街の皆さんのアイディアで、昨年、与謝野鉄幹・晶子夫妻が“鬼の舌震”を訪れ、短歌を読んでから70年を記念して、奥出雲町で開催された短歌文学賞を引き継ぐかたちで、短歌や俳句を広く募集して、行燈(あんどん)に張り、商店街を飾る企画が催されました。
本当は、商店街をロウソクの火で通りを飾る予定でしたが、雨のため飾ることができず、テントの中でのお披露目となりました。

この企画には小学生から一般まで沢山の方が応募され、その中から優秀作品が選ばれ特設ステージで表彰式が行われました。
ズラリと並んだ行燈には、応募された短歌や俳句が張られ、皆さんは「自分のはどこ?」と探す姿が見られました。
天気が良ければ、三成本町通りを飾る予定の行燈を眺めながら、「来年はきっと幻想的に町を飾るんだな~」なんて思いにふけった恵比寿祭りでした。
 

 この他、地元の商店街の皆さんによる出店が通りに出され、沢山の方で賑わっていました。

 

さて、いかがでしたか。
懐かしさを感じる方もいらっしゃるかと思います。
町では、毎年7月の中旬に恵比寿祭りや愛宕祭りなど、
夏の夜を楽しませてくれる夏祭りがあちこちで行われています。

そして、代表的なのが三成愛宕祭り!
今年も、8月24日・25日の2日間、三成の町で行われる予定です。
皆さんも、是非参加してみたはいかがでしょうか?

前へ
一覧へ
次へ

コメント(0)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください