勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ
次へ

体験!田舎暮らしモニターレポート

体験!田舎暮らしモニターレポート

7月某日に行った田舎体験ツアーのレポートです。

奥出雲町に初めて来られたモニターさん2名と一緒に、町に残る受け継がれてきた文化や、人情に触れあう田舎体験の醍醐味をいっしょに感じてくださいね。

◆奥出雲の「暮らし」を楽しむ

体験モニターに参加されたのは、広島県広島市在住の向井さんと友人の吉野さん(山口県岩国市在住)。田舎暮しに興味がある、というお二人。集合場所のJR出雲横田駅までの道中も、雄大な自然の美しさに感動の連続だったそう。



まずは、JR出雲横田駅で記念撮影、パシャ。お二人は「大きいしめ縄~!」とウキウキ。
初めて来られた方は驚かれるんですよね、この駅舎。
まだまだ紹介したいところもいっぱいありましたが、早速、今回の体験場所へ移動です。


お世話になったのは、奥出雲の気候や風土に適したこだわりの有機・無農薬農作物を生産する(株)奥出雲中村ファームさん。

今日は明治初期に建てられた古民家「暖々(だんだん)」で宿泊です。

入った瞬間から、どこか懐かしいぬくもりのある空間にホッとされた様子。
「なんだか、田舎に帰ってきた気分になるわー」
「こんな広い空間を貸し切り?!すご~い!!」と興奮気味。

一通り、家の中を探検した後、「そば打ち」と伝統食「笹巻きづくり」を体験することに。


【そば打ち体験】
そば打ちを教えていただいたのは、そばを打ち続けて数十年という永濱さん。長年教師をされていただけあって、説明が丁寧でわかりやすい!



そば打ちは初めて、というお二人。水を入れ過ぎて柔らかくなり過ぎたり、丸くのばすのが四角くなったり、太さをそろえて切るところを長さも太さもばらばらになったりと、ハプニングがいっぱい。




「もう一度チャレンジしたい~!」とレシピをメモ。

太さはまちまちですが自分たちでつくった蕎麦の味は、やはり格別です^^


失敗したお蕎麦の種も、そばがき、そばガレットにしていただきました。



【笹巻き】
次にチャレンジしたのは、笹の新芽が育つ6月に家族みんなで作る笹巻き。もち米粉で作った団子に笹の串を刺し、笹でくるんだもので、奥出雲の人にとってはふるさとの味です。
こちらもお二人は初体験!この地域に伝わる葉の巻き方、しばり方を伝授していただきました。(巻き方、しばり方は地区や家によって違うのだそう)




笹をしばる‘いぐさ’がブツリと切れたりと、きれいに巻けずに悪戦苦闘しましたが、茹でたてを砂糖醤油でいただくときは「笹の香りに清涼感があっていいわ」と新鮮な味との出会いに、喜びいっぱい!




笹巻きは、笹の殺菌力を活かした保存食。「一度にたくさんつくっておいて、食べたい時に茹で直して食べてくださいね」と教えていただき、おみやげにいただきました。



この他にも、中村ファームさんの自社農場で育ったエゴマや唐辛子、ブルーベリーを使った料理や飲み物をはじめ、奥出雲に伝わる伝統料理をご用意いただき、田舎料理を満喫~!


食後は、緑たくさんのお庭を眺めながら、
のんびり、ゆったり、過すひと時も田舎暮らしの醍醐味。


ちなみに、こちらのお庭には、笹はもちろん、ミョウガや
梅の木などがあり、山岳協会の会長でもある永濱さんに
山野草のことなどお話していただきました。
自然の中で暮しているから、自然と草木の事なども詳しくなるんですね。

==================
(株)奥出雲中村ファーム
島根県仁多郡奥出雲町下横田102-4
TEL0854-52-1075(代表)
URL:http://www.nakamura-farm.jp/index.html

==================



◆Iターンされたお宅にも、ちょこっと、たちより・・・


【天叢雲窯(あめのむらくもがま)】

船通山のふもとにある窯元兼ギャラリー。
常時、約600点ほどの作品が展示販売されています。

代表の野林さんをはじめ、町内にある島根デザイン学校で学び、陶芸作家となった若者が創作活動の拠点としている場所でもあるんですって。



モニターさんも創作体験(要予約)をしてみましたが、野林さんの指導がわかりやすいので、初体験とは思えないほど、すてきな作品を作られていましたよ。

明るい性格でサバサバとした人柄が印象的な野林さん。
「奥出雲は暮らしやすい!」とおっしゃってました。

==================
◆天叢雲窯
島根県仁多郡奥出雲町竹崎467-4-1
TEL0854-52-1522
==================

【手作りのお店 どーこれ】



数年前に移住された長谷川さんご夫妻。旅行で奥出雲に立ち寄った時に、すてきな人たちと出会ったことがきっかけで、この地に住むことに。たまたま住宅の空き物件があったことも、移住を後押ししたのだそう。



離れはギャラリー兼ショップになっており、2Fは奥さまが手作りにこだわり、惚れ込んだ作家さんの作品を展示・販売されています。


1Fは旦那さまの担当で、真空管やアンプなどをズラリと配する和室は、レコードを楽しむ空間に。2000枚を遥かに超えるコレクションの中から、さまざまなジャンルの音楽を聴かせてくださいます。

==================
◆手作りのお店 どーこれ
島根県仁多郡奥出雲町竹崎47
TEL090-1018-2107
==================


田舎の新鮮な空気に触れて、田舎料理や地元の方たちとの交流もできた田舎体験モニター。



 

体験後の感想は?と尋ねると・・・

「わざわざ自然を見に遠くまで行く私たちにとって、
自然が身近にある暮らしって贅沢に思えるわ~。なんだか羨しい」、
「思ったより近かった!また来たいなぁ~!」と言われてましたよ^^

前へ
一覧へ
次へ

コメント(0)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください